インプラントについて

インプラントとは、欠損した歯を補う治療のひとつになります。

歯科インプラントは3つの部分で構成されており、顎の骨に入れるネジと歯冠の代わりとなる人工歯、2つを連結するアバットメントです。

特徴としては、失った部分にチタン製などのアレルギーを引き起こし難い素材でできたインプラントを歯を失った部分にいれることで、歯本来の機能などを取り戻すことができます。

具体的なメリットとしては、天然の歯のような感覚で物を食べることができるようになるほか、審美的にも美しく、入れ歯やブリッジのように健康な歯に負担がかかることもなく、硬い物でも食べられるということがあげられます。

最近話題の横浜のインプラントを知りたい方必見の情報を集めました。

しかし、デメリットもある治療方法でもあるためきちんとそこは理解する必要があります。

本当の横浜のインプラントは無限の可能性に満ちあふれています。

デメリットとしては、手術をする必要があるため治療期間が長い、タバコを吸ってはいけない、数ヶ月に一度の検診が必要となり、毎日手入れが必要になる、しっかりした顎の骨がない場合には治療自体を受けられない可能性があるほか、感染症になるリスクなども考えられます。

All About関連情報を解説します。

また、基本的に保険適用外のため、自費診療による治療になるため費用の負担が大きくなるため注意が必要です。

メリットとデメリットをきちんと理解して、技術力があって信頼のできる歯科のもとで治療を行うことが大切となります。不安が残るという場合には、セカンドオピニオンを受けるなどをして納得してから治療に望むことも重要です。